ブレファンは2010年から存在した?開発元のMSFを調べてみた!


ブレイブファンタジアこと、ブレファン関係の記事です。

ブレファンって、ちびキャラとか結構良く出来てるし、
ゲームとしての完成度はかなり高いと思うんだけど、
イマイチ盛り上がりに欠けてるような気がします・・

「ブレイブファンタジア wiki」で検索すると、
2種類くらいのwikiが出てくるんですが、人が少ないのか、
まだ情報量がそんなに多くないんですよね( ̄▽ ̄;)
(何故かブレイブフロンティアとか、ブレイドファンタジアとか似た名前の別ゲーのwikiが出てくる・・w)

なんでブレファンが過疎っているのかというと、
原因として考えられるのは、圧倒的に宣伝が足りなくて
知名度がなさすぎるんだと思うんです。

テレビCMやれとまでは言いませんが、
ソーシャルゲームなのに、今時YouTubeに
公式PVも上がってないなんて逆に珍しいですよ。

じゃあ、なんでそんなに宣伝費がないのか?

それを調べていく過程で、なんとブレイブファンタジアは
2010年からゲームタイトルとして存在していたということもわかりました。

今回はブレファンの開発元のMSF株式会社に焦点を当てて
その宣伝不足の原因を探る、ゲーム攻略とはまったく関係ないゴシップネタですw

スポンサーリンク

開発元のMSFってどんな会社?

開発者であるMSF株式会社はもともと、
モータースポーツ関連の携帯電話向けコンテンツ運営会社なようです。

当時配信していた携帯コンテンツは1000を越え、
ガラケーにとても強い会社だったということが伺えます。

ちなみに今でも北海道に十勝スピードウェイという
サーキットを保有していて、太陽光パネルで自然エネルギーにも貢献しています。

ブレイブファンタジア_開発元

ブレイブファンタジアの歴史

旧ブレイブファンタジア

冒頭にも書きましたが、
実はブレイブファンタジアは2010年から
ゲームタイトルとして存在していたことが分かりました。

しかも、当時はガラケーのiモードで遊べる3DのMMORPGだったのです!

2010年には抽選でクローズαテストの募集も行われていました。

2010年当時の4gameの特集記事

ブレイブファンタジア

http://www.4gamer.net/games/115/G011503/20100701012/

記事中のスクリーンショットを見た限りでは、
現在とは全く作風の違うゲームですが、
これが当時のガラケーで出来たと思うと
なかなかよくできていそうなゲームに思えます。

それから2年後・・2012年6月

開発が難航したのか、αテストは2回の延期をしたのち、
次に行われたクローズドβテストも、約2年後の2012年6月になってからでした。

2010年当時の4gameの特集記事

ブレイブファンタジア

http://www.4gamer.net/games/115/G011503/20120612059/

グラフィックは2年前よりも向上していて、
ビジュアルも今風の物に近く進化していて、
ニンテンドーDSのゲームのような仕上がりです。

が、
ご存知のとおり
日本独自の進化を遂げたガラケーは
この頃にはもはや、ほぼ衰退していて、
世界基準のスマートフォンの時代になっていました。

結果どうなったかというと、
フューチャーフォン向けRPGとして開発が続けれれていた
ブレイブファンタジアは時代の波に取り残されてしまいました。

クローズテストから、一般のプレイヤーには
日の目を見ることもなく、なんと御蔵入りになってしまったのです。

そして2016年1月8日・・

旧ブレイブファンタジアの開発中断から、4年が経った、2016年1月8日。

スマホRPGとして生まれ変わった新生ブレイブファンタジアがスタートしました!

ブレイブファンタジア

ゲームグラフィックも3Dモデルから、
新羅万象チョコを思わせるようなキャラデザの2等身2Dキャラへと変更になりました。

今思ってみれば、あのオープニングの3Dムービー演出は
3D時代の名残だったのかもしれませんね。

ブレイブファンタジア

もしかすると、スマホ版を作る際も
最初は3Dキャラでの制作を考えていたのかもしれません。

公式のツイッターアカウントの登録日が
2010年6月なのも歴史を感じさせますよね・・・^^;

ブレイブファンタジア_twitter

 

宣伝不足のワケ(推測)

ここからは推測の域を出ない
ネギの月並みな妄想でしかありません。

おそらく、旧ブレイブファンタジアを一旦なかったことにして、
1からの開発がされたブレイブファンタジアは開発だけで
資金の大半を使い果たしてしまったのではないでしょうか?

結果、宣伝に使うだけの広告費の捻出が厳しくなってしまい、
今のような状況になっているのかもしれません。

最後に。今後のブレイブファンタジアについて

まだリリースされてから4日もたっておらず、
そんな始まったばかりのゲームの未来を
今から案じるのは気が早い気もしますが、
今後のブレイブファンタジアがどうなっていくのかを考えてみました。

宣伝が少ないため、今のブレイブファンタジアの知名度は
確かに低い方ではありますが、開発にはかなり力が入っており、
今のところは大きな不具合もなく、
完成度も非常に高いものになっています。

今の時代は、内容さえよければ、
わざわざ広告費を掛けなくてもtwitterなどの
ソーシャルメディアを通じて
クチコミでどんどん情報が拡散されていきます。

ブレイブファンタジアは
それを狙っているのかもしれません。

今の時代ブランド名も
それほど浸透していないゲーム会社が
コンテンツ力だけで勝負を仕掛けようなんて
普通じゃできない、なかなかの英断だと思います。

またこれは逆に、これからのブレイブファンタジアの未来は
ゲームをプレイするプレイヤー達の手にかかっている
言っても過言ではないのかもしれません。

もしも、このゲームが面白いと思ったら、
Twitterで呟いてみたり、周りの友達におすすめすることで、
ブレファンの未来も明るくなるかもしれませんね♪



スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す