リアルとネトゲの両面を描くPSO2のアニメが面白い!って話


こんにちわ。

今冬からスタートした新アニメの【PSO2】こと、【ファンタシースターオンライン2】にちょっとハマってるネギです。

ネギは【エオルゼア(FF14)】で【光の戦士】をしていて今は休止してるんですが、アニメであってもネトゲの話を目にすると、ネトゲあるあるが満載でニヤニヤしてきちゃうんですよね(*´∀`*)

今回はそんなアニメに釣られてスマホ版の【PSO2es】を始めてみたっていう話をしようと思ったんですが、その前置きとしてこの記事ではネトゲ好きなネギによる、最近のネトゲアニメについての語りに少々お付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

最近はネトゲを題材にしたアニメが多い!

最近では新アニメが始まるごとにネットゲームを題材にしたアニメが必ず1本は入ってます

少し前だとやっぱり、【ソードアートオンライン】とか有名なので誰でも知ってるんじゃないでしょうか。

SOA

で、もうすこし最近だと【オーバーロード】ってアニメも見てなかった人にはパッと見では分からないとは思うんですが、ネトゲー世界の話だったんです。

overlord

NHKで放送してたので、若干マイナーかもしれませんが【ログ・ホライズン】なんかも、ネギには大好物でした。

log-horaizun

ただし、これら作品には全部、ひとつの共通点があるんですね。

それは、【主人公たちがゲームの世界に閉じ込められて出られなくなる】っていうこと。

まぁ、出られないと分かったあとの行動は、それぞれの作品で違ってて、脱出する方法を探したり、ゲーム内世界で暮らす方法を考えたりとか違う切り口があって、それはそれで違った面白さがあります。

でも、今やってるPSO2のアニメはそれとはまた違うんですよね。

PSO2はリアル(現実世界)とゲーム世界が交差していて面白い!

これまでのネトゲアニメ作品とPSO2のアニメが違うのは、主人公たちは学生で、【ゲームとしてPSO2を遊んでる】ということ。

【閉じ込められる系】と比べると、完全にゲームとして遊んでいるので緊迫はないんですが、いままでこういう描き方をした作品ってありそうで少なかったんですよね。

もっと古い作品にまで遡れば【.hack】とかがそれに近かったんですけど。

dothack_8wallpaper

このタイプのアニメの面白さはゲーム世界のキャラクターと、現実世界の本人(中の人)とのギャップにあるんです。

ちなみに、アニメ版PSO2の主人公はランダム作成で偶然にも、現実の自分そっくりになったキャラクターに自分のリアル本名をつけてプレイしてるので、完全に等身大の自分としてゲームを遊んでいます。

PSO2-主人公

左がゲーム内キャラの主人公、右が現実世界で学生の主人公です。

でも、他の登場人物は、みんなロールプレイ(なりきりプレイ)をしていて、ゲーム内では全然違うタイプの人間を演じてるですよねw

 

で、毎回「え!お前が○○だったの!?」みたいなリアルバレ要素を第1話からずっとぶっ込んできています。

SORO

伝説のボッチプレイヤー【SORO】こと、通称:孤高さん。 この人の正体とか知ったらきっと笑えますw

先日放送されたばかりの【第4話:ファンタシースターオフライン】では、リアルのオフラインイベントで、いままで一緒にゲーム内で遊んでた仲間達と出会って、リアルの顔が次々明かされていくのが面白かったですw

ファンタシースターオンライン es始めました

pso2_es_negi

というわけで、そんなアニメを利用した【SEGA】の宣伝戦略にまんまと乗せられて、ネギもPSO2のスマホ版【ファンタシースターオンライン es】を始めてしまいましたw

以前には基本無料のPC版と、コンシューマのPSP版はやっていたんですが、始めてしまうと中毒性が高いので、スマホ版で我慢です^^;

今回は長くなってしまったので一旦切って、ちゃんとしたレビューはまた次回にしますが、PSO2esはスマホ用に簡略化はされているものの、スマホ版でも思った以上にちゃんとPSO2になってます!

気になった人は試しに遊んでみてはいかがでしょうか?

ファンタシースターオンライン2 es

iOS版 Android版



スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す