加護10ユーティスって作ったほうがいい?|ブレイブファンタジア

ブレイブファンタジアこと、ブレファンの攻略記事です。

今回は1/28に追加されたブレファン初のイベント降臨ユニット【凍魔皇ユーティス】について掘り下げて語っていきます。

ユーティスは現状では誰でも頑張り次第で、加護10を目指せる唯一の★5ユニットです。

ですが、果たして加護10のユーティスを作る必要は本当にあるのでしょうか?

そんな疑問についてネギなりの回答でお答えします。

スポンサーリンク

加護10ユーティス

最初に結論から言ってしまうのがネギの信条なので言ってしまいますが、作ることができるのなら、当然作ったほうがいいです。

ちなみに加護10のメリットは2つ。

  1. 戦闘開始1ターン目からスキルゲージMAXでスタート
  2. ドロップ率がアップ

一つ目の理由が強いのは言うまでもありません。(加護についてもっと詳しく知りたい場合はこちら

ユーティスのスキルはレアガチャ産の★5と比較すれば地味ですが、加護10前提で1ターン目からスキル発動が可能だとなれば話は別です。

訓練場なら★5のステータスから先行で繰り出されるスキルを受けて生き残れるキャラなんてまずいないでしょう。

それに二つ目のドロップ率アップは、★2以下のユニットでも効果は十分ですが、ユーティスみたいな強いユニットだからこそのメリットもあります。

ドロップ狙いでも戦力になる加護10

ストーリークエストのような★2ユニットだけでもクリアできるクエストなら別に構いませんが、今回のようなイベントクエストでは、あきらかに戦力不足の★2以下を複数連れて行くのは難しいです。

でも、ユーティスくらい強いユニットなら、超級クエストでだって十分戦うことができます。

リーダースキルは強敵相手のゴリ押しなら使い道十分!

ブラッドリベリオン

ユーティスのリーダースキル【ブラッド・リベリオン】はHPが減るほど攻撃力がアップするスキルです。

その効果は残りHP半分で1.3倍。

瀕死状態なら1.5倍にはアップするでしょう。

ザコ敵相手でこちらがダメージを受けない無双プレイができるなら、ドレシアの【戦神の指揮】の方が使いやすいですが、イベントクエストなどではダメージを多く受ける機会も多いと思います。

そんな時ドレシアはHP全快になるまで回復をしなければ、100%の火力を発揮できませんが、ユーティスはその逆にHPが減っているピンチな時ほどチャンスになります。

特に復活の実とのコンボは強力で、スキルチェインと組み合わせれば、通常時の3倍の火力を引き出すこともできます

WS001460

フレンドからの人気も高い!

もし、あなたがユーティス狙いでクエストを周回していて、もしもフレンドの中に加護10のユーティスを使っている人が居れば、高確率で連れて行きたくなると思います。

それは誰も同じことで、みんながそう思っていますw

次回またユニット降臨のクエストが登場した際には、また周回してユニット集めをする必要があるでしょうし、その時にもユーティスは大活躍間違いなしだと思います。

まとめ

実際加護10のユーティスを作るのはかなり大変です。

ですが、目指せるのであれば作る価値は十分あると思います。

ちなみに、クエストでのユーティスのドロップ率は難易度が高い分【超級】が一番いいと考えられがちですが、実は公式の方で一番落ちやすいのは【上級】だということが明言されています

ユーティスドロップ率

とはいえ、上級は1度回るだけで【30】もスタミナを消費するので、かなりツライです。

【中級】なら【15】で回れますが、確率はさらに下がります。

スタミナ効率だけ考えれば、ユニットが充分育っていて、時間に余裕のある人なら、やはり超級を回数回ったほうがいいということになりますね。

【凍魔皇からの招待状】のイベント終了日は2月12日(金)の昼までなので時間はまだありますが、間に合わなければ輝石を消費したスタミナ回復も視野に入れる必要があるかもしれません。

[blogcard url=”http://onionrouge.xsrv.jp/2016/01/29/toumakou-kara-no-syoutaijyou-tyoukyu/”]

[blogcard url=”http://onionrouge.xsrv.jp/2016/02/01/kago10-hosi2/”]


スポンサーリンク



Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/onionrouge/onionrouge.xsrv.jp/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/single.php on line 62