ドラクエ深夜便の内情。Amazonが必死になってフラゲ勢を狙う理由


ネギは知らなかったんですが、今日発売のDQMJ3をネットの通販のAmazonが深夜0時に宅配便で届ける【深夜便】なんてサービスを行っていたみたいです。(ニュースの詳細はこちら

要は、最新ゲームを一刻も早くプレイしたい!っていう【フラゲ勢】をターゲットにした売り方なんですが、どうしてAmazonはこんなに必死になってフラゲ勢を取り込もうとしたのでしょうか?

今回はそんなAmazon側の裏事情を勝手に妄想したゴシップネタです。

スポンサーリンク

ジョーカー3

今回のAmazonは購入特典でハズレを引いていた

ジョーカー3

近頃のドラクエシリーズは、店舗別の購入特典にゲーム内アイテムの先行DL権というのを付けるのが通例となっていました。

この特典を決める際にどんな決め方をしているのかは謎ですが、今回Amazonが引いた特典アイテム【魔法使いのゆびわ★★★】は、はっきり言ってハズレの特典アイテムでした。

当ブログの別の記事では、あえてどれがいいとは言いませんでしたが、この記事ではハッキリ言っちゃいます。

Amazonの特典はハズレ特典であり、今回の特典アイテムの有用度はセブンイレブンの【旅芸人のゆびわ】と。e-STOREの【魔物使いのゆびわ】の2強でした。(詳しくはこちらのサイトの比較を参照)

通販といえばAmazonというのは最早王道だと思うので、Amazonから通常版を買う人はきっと多いと思います。

でも、わざわざ権利を獲得した特典付きの売上はサッパリだったと思います。

でも、あとからこれに気がついたAmazonも、ただボーっとしていたわけではありません。

乗ってみたいモンスター総選挙キャンペーンの実施

ジョーカー3

あまりの売れ行きの悪さにAmazonが焦ったかどうかは分かりませんが、なんとスクエニの方に追加で特典を付けるキャンペーンの実施をお願いしたようです。

それがAmazonで行われていた【乗ってみたいモンスター総選挙】です。

これは、キャンペーン期間中選ばれた30種類のモンスターの中から乗ってみたいというモンスターを1体答えるというアンケートで、このアンケートに答えた上でAmazonからDQMJ3を予約すると、追加の特典アイテムが無料で配布されるというものです。

この時点でネギ的には傍から見ていて、すごく必死さを感じました

Amazon側からしてみれば、アンケートの結果自体はどうでも良かったんでしょうが、何かしら理由をつけて特典を増やす口実が欲しかったのかなー・・って。

DQMJ3の深夜宅配便を実施

それでもまだ満足できなかったのか、Amazonは今回の深夜便なんていう異例のサービスに踏み切ったようです。

ニュース記事の中でも触れられていますが、今はDL版を利用すれば別にパッケージはなくてもプレイはできるわけで、この為だけに(?)時間外業務に駆り出された宅配員の人たちがやっぱりちょっと不憫に思いました(´・ω・`)

まぁ、流石に黒猫や佐川の配達員がやってるわけじゃなく、Amazonの深夜スタッフが対応してるんでしょうが。

パッケージフラゲ版の需要は確かにある

こちらの方は、Amazonプライムで前日の夜に注文をして深夜0時過ぎにスグ届いたみたいです。

こういう感じのある意味ネタとしての要素なら、プレイしているゲーム画面を見せるよりも、やっぱりリアルなパッケージ写真を見せたほうがインパクトも大きいです。

ジョーカー3は先行体験版の無料ダウンロードもありましたから、画面だけじゃ証拠として弱いですしね。

やらない人にはわからないでしょうが、深夜に寝るのを返上して徹夜してゲーム遊ぶ人だっているのです。

でも、こういうのがあんまり評判よくなっちゃうとAmazon側も調子にのって普通にサービスとして定着しちゃいそう・・なんて思ってたら、既に【Prime Now】なんていうサービスが出来ていた件。

Amazonパないの!

ぱない



スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す