Amazon送料無料が終了?これまで通りに使う方法とは?


Twitterで見かけたんですが、なんでもAmazonの送料無料が終了しちゃったみたいですね。

これまでは送料無料のおかげもあって、ネギも普段からちょっとした買い物ならいつも即決でAmazonを利用していました。

だけど、これからは2000円未満の注文には350円の送料が掛かるように変更されるみたいです。

いままで当たり前に使ってたサービスが急になくなっちゃうと、やっぱり困りますよね。

というわけで、このページではAmazonの送料無料サービスを継続する方法を紹介します。

流石に無料ではないですが、月に何回もAmazonで買い物をする人にはおすすめです。

スポンサーリンク

Amazonダンボー

まだ送料無料の商品もある

方法を紹介する前にひとつだけ。

急に送料無料終了宣言をしたAmazonでしたが、実は全ての商品が有料になったわけではありません

例えば漫画や雑誌などの書籍関係。

これらはこれまで通り無料で配送してくれます。

書籍関係は楽天とか、ライバルが多いので、ここでサービスを打ち切っちゃうとせっかく着けた差がなくなっちゃうということからの判断らしいです。

あとは、2000円以上の商品もこれまで通り無料のままです。

ゲームとか、ある程度金額のものしか買わないっていう人には、今回の無料化終了もそこまで大きな問題ではないかもしれませんね。

でも、ネギの場合はお菓子とか食品をちょい買いすることがあるんですけど、そういった時にはこの微妙に掛かる送料が憎たらしくなります^^;

これまで通り送料無料にするためには?

これまで通り送料無料で使い続けるためには【Amazonプライム】に登録するしかありません。

Amazonプライムは年会費¥3,900で始められる追加オプションのサービスです。

このサービスは初回登録時は30日間無料で機能が使えますし、Amazonにはじめて会員登録するときにも必ず加入を勧められるので、この時に登録してそれ以降解約をした覚えがないなら、加入したままになっているかもしれません。

Amazonプライムのメリットは送料が無料になるだけじゃなくって、通常だと追加料金のかかるお急ぎ便や注文から1時間で商品が届くプライムナウも使い放題になります。

⇒Amazonプライムの詳細はこちら

Amazon以外にいい通販サイトは無いの?

Amazonプライムを使えば確かに色々便利にはなりますが、やはり有料サービスには違いありません。

無料を貫くためにはどうすればいいか?

ネギのおすすめはAmazonの代わりにセブンネットショップを使うのをおすすめします。

品揃え的には流石にAmazonに劣ってますけど、配送手数料の無料条件はこうなってます。

配送料・手数料
店舗受取り手数料 無料
お急ぎ店舗受取り手数料 300円(税込324円)
宅配送料 全国300円(税込324円)
宅配送料無料基準 3,000円(税込3,240円)以上

※セブンネットショッピングは1,389円(税込1,500円)以上

宅配代引手数料 250円(税込270円)

1,500円分で無料になるっていう条件もAmazonに比べればユルいですよね。

それに一番のメリットは店舗受取ができるってことも大きいです。

お店に取りに行かなきゃいけないっていうのは確かにあります。

でも、仕事で昼間は自宅にいないんだけど、夜には商品を受け取りたい!なんていう人にとっては、お店で受け取れるっていうのは逆にメリットになります。

それにセブンネットショップはそれだけじゃなくって、ゲームの特典でもAmazonよりもいい特典が付く場合も多いのでチェックしておくことをおすすめします!

⇒セブンネットショップはこちら



スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す