電池を節約!バッテリーセーバー機能の正しい使い方|ポケモンGO


ポケモンGOやっぱり流行ってますね。

ネギもちょっとした外出時には必ずスマホを片手にポケモン探しに勤しんでいますw

しかし、このゲームはGPSで位置情報を常に送っているわけですが、おかげで電池消費が半端なく激しい!w

気がついたらすぐ無くなっちゃってるんですよね。

そこで、今回紹介したいのはポケモンGOの設定から使うことのできる電池節約機能「バッテリーセーバー」についての解説です。

名前からして如何にも節電してくれそうなこの機能ですが、機能の仕様をしっかりと理解していないとあまり意味がなかったりするのです。

スポンサーリンク

smartphone_juuden

バッテリーセーバーの仕様を知ろう!

この手の節電機能は今時だといろんなゲームに搭載されていますよね。

そういった機能は大体、画面の明るさやエフェクトの演出を地味に抑えてアプリ全体の動作の重さや消耗を抑えようといった狙いで設定されています。

でも、ポケモンGOの場合がちょっとコンセプトが違うんですよね。

というわけで、まずはバッテリーセーバーとはどんな機能なのかを知りましょう。

以下はヘルプセンターにある機能説明の解説です。

バッテリーセーバー:
画面を下向きにすると画面が暗くなり、バッテリーセーバーが作動します。それによりバッテリーの消費を抑えることができます。
バッテリーセーバー設定中でも移動した距離、近くにいるポケモンを通知します。

ヘルプセンターより引用

まぁ、ようするにポケモンGOのバッテリーセーバーは従来のアプリのように、常時電池消費を抑えてくれるものではないのです。

機能の発動条件はスマホ下向き状態にしている場合のみとなっています。

試しに今ポケモンGOを起動している人は、設定からバッテリーセーバーを起動した上で・・・

WS002297

スマホ本体を逆さまに持ってみてください。

そうすると、ゲーム画面が暗く暗転してゲームのロゴが映っているはずです。

WS002296

この状態こそがバッテリーセーバー機動状態です。

画面こそ見えない状態ですが、このままでも音声をONにしていればBGMや振動にはしっかり反応してくれて、ポケモンが出現すれば知らせてくれます。

で、スマホを元の持ち方に戻せばそのままスムーズにゲームプレイに復帰できます。

WS002287

これなら歩きスマホをする必要なんてありませんよね。

ようは、このゲームの節電機能は移動中の電力消費を抑えて、通常時のゲーム画面では最大パフォーマンスで電力を消費するっていうことみたいです。

ちなみに、ネギの場合は電池消耗を気にしすぎてポケモンGOを起動後、歩き回っている間は電源ボタンを押して画面電源ごとOFFにしていました^^;

これだと振動でのお知らせ機能などもすべてOFFになってしまい、ゲームを起動している意味が全くなくなってしまいます

まとめ

というわけで、今回紹介したバッテリーセーバーの正しい使い方とは、『機能をONにしてスマホを逆さ持ちにする』ということでした。

さらに電池消費が気になる・・ゲームの動作を軽くしたいという人はゲームブーストアプリを入れるのも良いかもしれません。

こちらの記事で詳しく解説していますので、よかったらチェックしてみてくださいね!



スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す